• ※PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderが必要です。
  • 採用情報
会社情報
  1. Home>
  2. 企業情報
    会社概要

    弊社は1934年(昭和9年)創業以来、常にお客様に満足して頂く製品づくりに努力して参りました。1951年(昭和26年)より、白心可鍛鋳鉄専門工場として、3mm厚の薄肉製品から50mm程度の肉厚の製品に至るまで製造しております。特に“溶接が可能な鋳物”として「ろう付け」および「多用途溶接」などを行う部分に多く用いられております。

    今までお客様の「想いを形に・・・」と云うコンセプトの基で多くの分野で活動して来た事で、製品分野・取扱い製品を拡大して参りました。その活動を活かした価値ある製品をお客様に提供する事で、皆様の発展に細やかながらお役に立ちたいと願っております。
    また、開発段階から一緒になって“ものづくり”をするために3DCADシステム等を用いた設計に加え、鋳造シュミレーションシステム等を駆使した高品質な製品づくりに高い評価を得ております。

    現在、国内だけでなく海外からも、あらゆる素材をもって製品を提供できる体制をとっており、多くの産業のお手伝いをする事で、「信頼される中井工業株式会社」として、明日への社会創りに貢献していく所存でございます。

    会社概要
会社名 中井工業株式会社
資本金 3,000万円
関連会社 株式会社小野シェル製作所
上海可鍛商貿有限公司(中国・上海)
役員構成

代表取締役社長  中 井 基 弘

取締役会長    中 井 宏 明

取 締 役    田 中 周 二

取 締 役    井 上 敬 文

取 締 役    中 村 鎮 夫

監 査 役    中 井 千 生

営業品目 白心可鍛鋳鉄、普通鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、鋳鋼、製品企画・設計
本社所在地 兵庫県加西市下宮木町751番地
TEL 0790-49-0353(代) FAX 0790-49-0619
取引銀行 兵庫県信用組合(小野支店)、山陰合同銀行(北播磨支店)
みなと銀行(小野支店)、中兵庫信用金庫(小野支店)、三井住友銀行
主なお取引先 アルインコ株式会社、江崎工業株式会社、株式会社エム・エス・デイ、株式会社協立工機、三桜工業株式会社、神鋼建材工業株式会社、日鉄住金物産株式会社、中央ビルト工業株式会社

(五十音順)

海外展開

中国より小物鋳鋼品を調達しており、日本の鋳造メーカーの目線による造り込みや検品を、中国メーカーに関与する事で、広範囲において、日本の企業様や中国の日系企業様に御使用を頂いております。
これからは、さまざまな分野において、お客様のご意向にお応えすべく、品質・コスト・研究・開発に努力して参ります。

    アクセスMAP
昭和9年4月 地場産業を基礎として中井刃物工場を創設し、鎌製造を開始する。
平成25年8月 経済産業省(中小企業庁)ものづくり中小企業試作開発等支援事業採択
昭和19年4月 社名を中井鍛造工業株式会社と改め、刃物類の他船舶関係の鍛造を行う。資本金18万円にて発足。
昭和22年4月 資本金50万円に増資し、草刈鎌、除草機、汁能、各種園芸用品の製造を始める。
昭和26年1月 資本金300万円に増資し、白心可鍛鋳鉄製造に転向。中井工業株式会社と改称。
昭和30年3月 資本金500万円に増資し、焼鈍炉、キュポラの新鋭設備を導入する。
昭和40年4月 資本金1,500万円に増資。
坂川式2.5トンキュポラの新鋭機増入する。
昭和42年1月 鋳造設備をコンベヤーシステムに切り替える。
昭和44年2月 生産拡大に伴い、4トン焼鈍炉を一基増設する。
昭和44年5月 加西市鶉野における鋳造専門工場の建設に取りかかる。
昭和45年4月 上記鋳造専門工場は当初加西工場として稼働発足する。
昭和46年4月 鋳造専門工場新設に伴い、資本金3,000万円に増資する。
昭和46年8月 本社鋳造部門を加西工場に移転し、白心可鍛鋳鉄と鋳物を併合する。
昭和49年7月 事務所社屋を加西工場に新設し、本社工場として稼働する。
昭和49年12月 白心可鍛鋳鉄として全国ではじめて最新鋭100トン、連続式焼鈍炉を新設、旧焼鈍部門
を全面移転し旧工場を閉鎖する。
昭和53年8月 ユーザーの納期短縮とコスト低減を計るため、新東工業(株)製のFRS-2型自動型機の新設を行う。
昭和55年10月 多種少量生産の短縮と量的拡大を合わせ、ナニワ製作所製のFRM-540型(5ステーション)自動造型機の新設を行う。
昭和60年10月 多品目生産により、鋳造後処理工程の整備のため鋳物冷却ドラムクーラーを設置し、撰別検査場をライン化し、生産能力のアップを図る。
平成元年3月 需要拡大により、新東工業(株)製造FMM-2B型自動造型機を新設し、ライン化を行う。
平成元年8月 鋳造能力アップにより焼鈍工場2号炉の増設を行う。
平成3年8月 新東工業(株)FBM-1型高速自動造型機および造型ライン設置。
平成4年4月 富士電機(株)製2トン高周波誘導炉および、3トン低周波誘導炉を導入する。
平成4年6月 (株)東久製AMFⅡ型高速自動造型機および、造型ライン設置。
平成6年5月 小物処理では国内初の太洋鋳機(株)製連続式ショットブラスト設置。
平成13年4月 ハイテンマリアブル開発につき40トン/月用高性能バッチ式焼鈍炉新設。
平成16年4月 小ロットの焼鈍効率を計る為、ハイテク双室炉を新設。
平成16年4月 溶融塩浴による白心焼鈍の開発に経済産業省より「創造技術研究開発」の認定を受ける。
平成16年8月 兵庫県より平成16年度産学連携新産業創出支援事業「無公害高温溶融塩浴による脱炭熱処理及び高強度、高靱性の白心可鍛鋳鉄の製造」認定を受ける。
平成17年1月 中国とのビジネス開始。
平成21年4月 最新型自動造型機、AMFⅢ型(東久製)を増入し、造型機の更新を行う。
平成21年8月 最新型自動造型機、AMFⅢ型(東久製)を追加増入し、造型機を一新する。そして製品の効率化を計る。
平成22年5月 中小企業新事業活動促進法に基づく「経営革新計画」の認定を兵庫県から受ける。
平成22年6月 経済産業省「中小企業、ものづくり基盤技術の高度化法、特定研究開発等計画」の認定を
受ける。
平成23年2月 「成長期待企業」の認定を兵庫県から受ける。
平成23年3月 「チャレンジ企業」の認定を兵庫県から受ける。
  • アクセスMAP
高周波誘導炉2.0t 1基
素材研究開発用溶解炉(50kg) 1基
低周波誘導炉3.0t 1基
AMF自動造型機 2基
F1型造型機 3基
ユニットサンド処理装置・コンプレッサー 6基
OC型連続ショットブラスト 1基
ショットブラスト 5基
トンネル連続式焼鈍炉 60トン/月能力 1基
双室バッチ式焼鈍炉 20トン/月能力 1基
バッチ式焼鈍炉 20トン/月能力 1基
フリクションプレス 3基
バリシェイバー 4台
双室焼鈍炉20t/月 1基
磁気探傷機 2台
CEメーター 1台
SCメーター 1台
CSメーター 1台
発光分光分析装置 1式
3次元測定器 2台
凝固シミュレーション 1式
浸漬式高温度計 6台
ブリネル硬度計 1基
アムスラー式引張り試験機 1台
トンネル式焼鈍炉60t/月 1基
バッチ式焼鈍炉40t/月 1基